概要

山口大学改革プランを加速!

 平成26年度「大学教育再生加速プログラム」に採択された本学の取り組みは、正課教育と正課外教育の共創により、共通教育を中心としたアクティブ・ラーニングを組織的に推進し、次の時代を切り拓く人材として必要な力「山口大学生コンピテンシー」の育成を保証するため、先導的な学修成果可視化モデルの構築を行い、学生の学びの好循環を創出します。テーマⅠでは、シラバスの可視化を通したALポイント認定制度導入、AL推進チームによるFD専門集団形成、教員にインセンティブを与えるALベスト・ティーチャー表彰を行います。テーマⅡでは、学修到達度調査・学修行動調査・ルーブリック評価を全学的に推進し、各データを活かした直接評価・間接評価統合型学修成果可視化モデルを構築します。教育機関、学協会等と連携し、学士課程教育の質保証の新しい“カタチ”を示すことは、本学の特色や強みの向上だけでなく、我が国高等教育全体に与える影響は大きいと考えます。