201838日(木)・9日(金)、法政大学で開催された『学生FDサミット2018春』、ポスターセッションにおいて、大学教育センターの支援を受けて活動するYUAP学生スタッフが作成したポスターが最優秀賞「ポスター大賞」を受賞しました。2017年度に取り組んできたYU-AP学生スタッフの活動内容が高く評価されるとともに、切り絵などの工夫を凝らしたポスター展示の成果であり、参加学生・教員一同、大きな喜びに包まれました。

 学生FDサミットとは、学生の声を教育改善や学修環境改善に活かす学生参画型のFDFaculty Development(教育改善・学修環境改善))を行う全国各地の大学生団体が集結して意見交換や情報交流を行う全国イベントで年2回(春と夏)開催しています。本学からは毎年、YU-AP学生スタッフや教職員が参加しており、20173月には、山口大学主催で『学生FDサミット2017春』を開催し、全国から約260名の学生・教職員の参加者を集めました。

〈ポスター大賞のコメント〉

①人文学部3年生 堀井さやか(YU-AP学生スタッフ)

 学生FDサミット2018春のポスターセッションの部において、山口大学の作品が大賞を受賞したことをとても嬉しく思います。

 私は大学2年からYU-AP学生スタッフとして活動を始め、アートふる山口や大殿七夕ちょうちん祭りといった地域のお祭りや、学内のクリスマス照明企画など、様々なイベントにかかわらせていただきました。ポスターを作るにあたって、そうしたイベントや地域の方々との交流をどのように表現すればいいか、同じYU-AP学生スタッフである廣本さんと相談しながら作り上げていきました。ポスターの内容はもちろん、「クリスマスの照明企画で作ったメッセージカードを横に添えてみたらどうか?」、「目を引くために山口大学のマスコットキャラクターを飾ってみたらどうか?」などと意見を出し合い、試行錯誤しながらの作業は大変でしたが、それ以上にとても楽しくやりがいを感じました。

 数あるポスターの中から、私達山口大学YUAP学生スタッフのポスターが選ばれたことは本当に嬉しく、光栄に思います。また、今回のポスターセッションで他大学の取り組みについて学ぶことができたことも、私にとってとても貴重な経験になりました。このポスターセッションで学んだことを生かし、これからもYUAP学生スタッフとして様々な活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。

②人文学部3年生 廣本明日香(YU-AP学生スタッフ)

 学生FDサミット2018春のポスターセッションでポスター大賞という素晴らしい賞を頂き、とても嬉しく思います。

 飾り付けで可愛らしく華やかにするために細かなところまで気を配って作業したり、どうすれば見やすいポスターになるのか話し合って構図を工夫したりしました。時間のない中のポスター製作に大変だと感じることもたくさんありました。しかし、そういったことも含め評価されたことに、報われたような思いもあり、皆で喜び分かち合うことが出来ました。

また、ポスターの中身である、私たちが行ってきた学校内外での活動に関しても、より多くの方に興味を持って見て頂けたのかなと思い、やってよかった、頑張ってよかったと思いました。

 そして、こうして大賞を頂いたことをきっかけに更に多くの方々に私たちの活動について知って頂けると嬉しいです。

pic1_summit2018spring(小).jpg  pic2_summit2018spring(小).jpg

pic3_summit2018spring(小).jpg 

pic4_summit2018spring(小).jpg

 2018315日(木)、共育ワークショップ2018「みんなで教育(共育)について語ろう! ~大学と高等学校による授業協奏曲~」を本学共通教育棟(吉田キャンパス)にて開催し、学内外から90名(学内38名(教職員27名、大学生11名)、学外52名(教職員31名、大学生6名、高校生14名、高専生1名))が参加した。共育ワークショップは、大学教育センターが主催し、大学の教育(共育)について、学生、教職員が一緒になり、様々な観点から語りあい、考えてみるというもので、2013年度から始まり、今年で5年目となる。今回は、201412月公表の中央教育審議会答申『新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)』を受け、高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革が進み、20163月『高大接続システム改革会議「最終報告」』のほか、学習指導要領が大きく変わろうとしている中で、生徒や学生の確かな学力を育成することを目的に、「主体的・対話的で深い学び」を促すアクティブ・ラーニングの視点による授業改善が学校種を超えた共通テーマとなっており、大学関係者と学校関係者が一緒になって、教育について考える場を提供した。なお、本ワークショップは、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)中間成果交流会として開催した。

 はじめに、岡 正朗 学長より開会挨拶があり、近年の高大接続改革の重要性に言及しながら、大学生や高校生を交えて授業のあり方等について対話する今回のワークショップへの期待が述べられた。

 1限目:基調講演では、認定NPO法人カタリバ代表理事 今村 久美 氏より「生徒・学生が輝く『学び』とは」と題して、今村氏自身の高校生時代や大学生時代の経験を紹介しながら、高校生と大学生のナナメの関係を活かした対話の場「カタリ場」を発案した経緯などを話し、現在の若者への期待や可能性についてメッセージを送った。山口県内で実施している「カタリ場」に関わっている山口県立大学生との本音トークや、「カタリ場」を受講した山口県立西京高等学校の高校生からの感想など、盛りだくさん内容が提供された。

共育WS2018写真1(小).jpg  共育WS2018写真2(小).jpg

 2限目:大学×高等学校による模擬授業では、山口大学、徳山大学、山口県立西京高等学校、野田学園高等学校の教員から、それぞれ趣向を凝らしたアクティブ・ラーニング型授業が提供された。参加者は事前に希望した授業を各教室に分かれて受講した。山口大学 藤井 克彦准教授の模擬授業では、微生物バイオテクノロジーの学術的概念や現実社会での微生物の生態など、最先端の研究内容を学んだ。徳山大学 なかはら かぜ教授の模擬授業では、4コマ漫画を作図するというワークが課され、ストーリー展開を考えながら、自らの考えをイラスト化するという授業を体感した。山口県立西京高等学校 和田 将太 先生の模擬授業では、授業中は英語のみによるグループ対話・質疑応答に終始し、子供のときの自らの経験などを英語で表現する授業を体感した。野田学園高等学校 河本 順康 先生の模擬授業では、三角形の重心 ・内心・外心・垂心について、正三角形、二等辺三角形、直角三角形の3グループに分かれ、ジグソー法を活用した相互学習を体感した。

 3限目:ダイアログ・セッションでは、山口大学 大学教育機構 大学教育センター 林 透准教授のファシリテーションのもと、11グループ(1グループ56名)に分かれ、模擬授業を受けた感想や気づきを話し合いながら、「大学の授業への期待や要望」「高等学校の授業への期待や要望」についてリストアップした。最後に、「大学の授業への期待や要望」「高等学校の授業への期待や要望」のうち、最も大事だと思ったアイデアをスケッチブックに書き出し、全体発表を行った。各グループから 高校生または大学生が代表して積極的に発表する姿が印象的であった。「考える楽しみを感じられる授業」「将来やりたいことが見つかるような興味が持てる授業」「色々な価値観や意見が知りたい、柔軟に考えたい」「答えのない活動をする中で自分の考えを自由に共有できる空気づくりが大切」「アウトプットする機会が欲しい」「(生徒と教師が、)授業を一緒に作る」などの提案があり、今後の大学や高等学校の授業充実に役立てることとした。

共育WS2018写真3(小).jpg  共育WS2018写真4(小).jpg

 最後に、福田 隆眞 副学長より閉会挨拶があり、今後もこのような大学と高等学校の交流の機会を作っていきたいとの言葉が述べられた。

共育WS2018写真5(小).jpg

2018年3月15日(木)開催

山口大学・AP事業中間成果交流会 共育ワークショップ2018『みんなで教育(共育)について語ろう!~大学と高等学校による授業協奏曲~』

ホームページはこちら(「申込みフォーム」よりお申込みください)。

共育ワークショップ2018チラシ.jpg

 大学における学生の「自主的な学び」「積極的な学習行動」の支援者は教員だけではありません。現に、教育支援・学生支援・就職支援・図書館といった部署では、その役割の一部を担っています。学生の多様化が進んできたこともあり、これまで以上に事務職員による学修支援体制の充実が求められています。

 そこで、AP事業の一環として、「学生の学びの好循環」に資することのできる事務職員に活躍してもらうため、「ラーニング・アドバイザー制度」を創設しました。この制度は、大学教育機構が主催する「ラーニング・アドバイザー養成講座(全3回)」を受講・修了することにより、ラーニング・アドバイザー認定証が授与されるというものです。

 講座の内容は、事務職員一人ひとりがこれまでのキャリアを振り返りつつ、大学人として身に付けておくべき学内の各種情報や制度、学生のニーズなどをしっかり把握・理解したうえで、学生の学びに関する疑問・悩みに応える事務職員になることを目指したものとなっています。

 初回の講座は、201711月から2018年1月にかけて開催しました。計23名から受講申込があり、このうち8名の事務職員の方々が全3回の講座を受講・修了し、大学教育機構長から「ラーニング・アドバイザー認定証」が授与されました。初代ラーニング・アドバイザーのみなさんが、それぞれの部署・業務の中で、様々な形で学生の成長を支援してくださることを期待しています!

ラーニング写真1(小).jpg ラーニング写真2(小).jpg

ラーニング写真3(小).jpg ラーニング写真4(小).jpg

 20171218日(月)に、大学リーグやまぐち・山口大学主催 大学マネジメントセミナー2017 in やまぐち『今、改めて考える"教職協働"~地方大学の魅力発信と大学間連携意識変容・行動変容を目指した大学職員育成を考える』を、県内大学はもとより、北は北海道から南は長崎からの参加を含め、100名を超える参加者を集め、吉田キャンパスにて開催した。本セミナーは、大学リーグやまぐち、山口大学の共同主催、大学マネジメント研究会、大学行政管理学会中国・四国地区研究会の共催で、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)における教学マネジメント強化のための研修の一環として実施された。

 冒頭、岡 正朗 山口大学長より開会挨拶があり、2017年度からSD(スタッフ・ディベロップメント)の義務化に加え、大学経営における教職協働の重要性が謳われる中で、従来のSDセミナーを大学マネジメントセミナーと改称して開催する趣旨が述べられ、例年同様、所属大学を超えた大学関係者の議論や情報交流に期待が寄せられた。

 基調講演では、まず、樋口浩朗 山形大学米沢キャンパス事務部研究支援課・副課長より、「東の山大でプレイフル!~職種と組織を超えた協働が日本を救う~」と題して講演があった。近年の山形大学における外部資金獲得の伸び率が2年連続1位や米沢キャンパスにある工学部での研究活動の躍進などの紹介があった後、樋口氏自身が大学職員として取り組んできた取組について説明があった。国立大学法人化以前の山形大学での入試ミス事件を契機に、職員仲間で危機感を抱き、山形大学アクションプランの提起や基本理念の策定に参画するなど、大学執行部や大学教員との協働した成果を挙げ、そのほか、東日本大震災後の復興支援プロジェクト、若手職員育成を視野に入れた大学経営塾の企画など幅広い活動について説明があった。学内外の仲間やネットワークに支えながら、大学職員の仕事に生き甲斐を感じ、更なる使命感を持って仕事に取り組む樋口氏の言葉と姿勢に、参加者は多くの感銘を受けた。

 次に、吉村充功 日本文理大学工学部教授・学長室長より、「教職協働による地域に信頼される大学づくり」と題して講演があった。18歳人口減が始まる大分県において、入学者数のV字回復を遂げた成果を取り上げながら、地元県内から選ばれる大学を目指して、教育理念の再編を図りながら、人間力育成に重点を置いた教育改革を、教職協働により時間をかけて進めてきた経緯について説明があった。FD研修会を通して、幹部と現場、教員と職員、ベテランと若手が教育や学習支援に関する価値観が違うことを互いに認識し合うことこそが大切であり、教職協働そのものが目的になってはいけないと力説された。第2期中長期施策や文部科学省COC事業が起爆剤となって、地域に学生があふれ出すことで、大学への信頼感が向上し、学生の成長も数値になって表れてきていることを説明された。地方大学の成功事例の紹介とともに、教職協働のポイントを掴んだ大学経営人材としてのリーダーシップに、参加者は多くの学びを得た。

 後半では、展示ロビーにおいて開催されたポスター発表において、発表者と参加者との対話に話が弾んでいるようであった。今回のポスター発表では、大学リーグやまぐち加盟機関すべてからポスター展示があり、県内初の高等教育機関同士のポスター発表は有意義なものとなった。その後のディスカッションでは、林 透 大学教育センター准教授の全体進行のもと、基調講演の講師2名に加え、九州工業大学、九州女子大学、長崎短期大学の職員の協力を得て、グループファシリテーターをお願いし、ポスター発表での気づき・感想・意見について「教職協働」「地方大学の魅力発見」「大学間連携」という三つのキーワードに絡ませながら、グループ対話を行った。まとめとして、5名のグループファシリテーターからそれぞれ一言コメントがあり、教員と職員の対話の重要性、学生の力をベースとした業務の関連付け、やまぐち地域特有の分散型大学間連携のメリット感などについて言及があった。

 クロージングでは、ポスター発表の表彰式があり、「最優秀ポスター賞:徳山大学「徳山大学ダブルアドバイザー制度について」」「樋口賞:山口県「「大学リーグやまぐち」の取組」」「吉村賞:梅光学院大学「教職協働による学生支援(海外研修編)」」がそれぞれ受賞した。

 最後に、田中和広 山口大学理事・副学長より閉会挨拶があり、学内外の大学関係者が交流する素晴らしい機会となり、今後もこのような場づくりを行っていくこととした。

大学マネ写真1(小).jpg  大学マネ写真2(小).jpg

大学マネ写真3(小).jpg  大学マネ写真4(小).jpg