平成30年10月22日(月)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)『アクティブ・ラーニング(AL)ベストティーチャー表彰記念 FD・SDワークショップ~第2回ALベストティーチャーによる模擬授業~』は、学内外から大学関係者だけでなく、高等学校・専門学校関係者を多数集め、計44名(学内22名(教職員19名、学生3名)、学外22名(教職員22名))の参加者により、本学吉田キャンパス共通教育棟16番教室(アクティブ・ラーニング教室)にて開催された。本ワークショップは山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)の一環として実施された。この模擬授業型ワークショップは昨年度初めて開催し好評であったことを受けて、今年度引き続き開催した。

 冒頭、福田 隆眞 山口大学 副学長・理事(教育学生担当)より開会挨拶があり、本学では、アクティブ・ラーニング型授業の優れた取組を表彰する「アクティブ・ラーニング(AL)ベストティーチャー表彰制度」を平成28年度に創設し、平成29年度に第2回の受賞者(5科目・14名)を表彰し、今回のワークショップでは、第2回ALベストティーチャー受賞者による模擬授業を体感し、改めて、「アクティブ・ラーニングとは何か」、「アクティブ・ラーニングを通した学生の学び・成長」について考えてみたいとの趣旨説明があった。

10月22日FD・SD写真1(小).jpg

 まず、模擬授業Part1では、辻 多聞 山口大学 大学教育機構 学生支援センター講師より、「学生同士の評価を通して達成度を向上する授業づくり ~アクティブ・ラーニング型授業『山口と世界』の実践を通して~」と題し、アクティブ・ラーニング型授業『山口と世界』の模擬授業を行っていただいた。具体的には、授業の初回で行っている自己紹介の模擬体験を通してグループ形成の要点を解説した後、大学の授業として必要な知識を教授しながら、学生によるグループ活動の内容が深まるように指導していることが説明された。最後に、配布資料に従い、グループ活動を通した学生による自己評価、グループメンバーによる他者評価、さらには、担当教員による提言・コメントなどをきめ細かくフィードバックしながら、授業の達成度を向上する仕掛けについて説明があった。

 次に、模擬授業Part2では、仁平 千香子 山口大学 国際総合科学部 助教より、「身近な話題から『深い学び』に誘うアクティブ・ラーニング ~日本語教育やアカデミックライティングの実践を通して~」と題し、アクティブ・ラーニング型授業『日本語ⅣB(読解・作文)』での演習内容の模擬授業を行っていただいた。冒頭、全体の授業のねらいや授業構成の意図について説明があった後、映写されたイラストを表現するアイスブレークを経て、例題の文章を受講生に読ませて、作文課題につなげる授業パターンについて説明があった。さらに、『日本語Ⅲ(文法)』の授業内容も併せて紹介され、日本語の文章のルール探しを 演習形式で行い、単に間違いを探すだけでなく、どうして間違っているのかを問いかけ、学生の主体性を引き出す重要性を説明された。小気味の良い仁平先生の語り口や演習課題を通して参加者同士が楽しみながらワークする中で、教室全体が活気ある雰囲気に包まれていった。各グループを巡回する中で、参加者からの質疑応答に教員が即座に答える自然な雰囲気が生まれていた。

10月22日FD・SD写真2(小).jpg  10月22日FD・SD写真4(小).jpg

 後半の質疑応答・対話のセッションでは、林 透 山口大学 大学教育機構 大学教育センター准教授のファシリテーションにより、参加者に事前配布したダイアローグシートに模擬授業を受講して感じた気づきや疑問点を記入していただいた後、グループごとに、短時間の意見交換を行った。その後、全体の質疑応答に展開し、「学生のレベルによっては主体性をうまく引き出すことが難しい場合があるのではないか」、「自己評価・他者評価を行う場合にどうしても評点が甘くなるのではないか」「評価シートの運用における効率化ができないか」といった質問があり、各参加者が日々のアクティブ・ラーニング型授業での実践や学修評価の参考にすべく、実際に役立つ意見交換が行われた。実践に役立てたい、実践での課題解消に結び付けたいという参加者からの真剣な思いが伝わってくるセッションとなった。

10月22日FD・SD写真3(小).jpg  10月22日FD・SD写真5(小).jpg

 平成29年11月10日(金)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)&医学教育センター共同企画 FD・SDワークショップ『ルーブリックを活用した学修評価ワークショップ~ルーブリックの観点と記述に着目して~』が、学内外から合計41名(学内23名(教職員21名、学生2名)、学外18名(教職員18名))の参加者を集めて、本学吉田キャンパス共通教育棟26番教室(アクティブ・ラーニング教室)にて開催された。本ワークショップは、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)の一環としての実施であるとともに、医学教育センターとの初めての共同企画での実施となった。

 冒頭、菊政 勲 山口大学 大学教育機構 大学教育センター長より開会挨拶があり、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)では、学修成果の可視化の取組として、学生の学修行動や成果物を評価するルーブリックの開発・実践・検証の作業を進めるとともに、アクティブ・ラーニングの取組が共通教育・専門教育を通じて広がる中で、学修評価のためのルーブリックの活用実践が共通教育だけでなく専門教育に広がりつつあり、今回のワークショップでは、ルーブリックを活用した学修評価に焦点を当て、実践事例紹介のほか、ルーブリックの観点や記述の調整を含めた諸課題について検討したいとの趣旨説明があった。

 導入レクチャーでは、俣野 秀典 高知大学地域協働学部講師より、「ルーブリックによる学修評価を知る、活かす」と題して、ルーブリックに関する基礎知識をレクチャーしていただいた。ルーブリックの形式(評価観点・評価尺度・評価基準)について概略説明の後、フロアの参加者に「何のために成績評価は必要か」という問いを投げ掛け、グループテーブルでの参加者同士のアイスブレークを兼ねた意見交換を行った。

 事例紹介では、藤宮 龍也 山口大学大学院医学系研究科教授より、「医学科チュートリアル教育におけるルーブリック活用実践」と題して、2017年3月の医学教育モデルコア・カリキュラムの改訂に伴う医学教育改革や2019年度受審予定の国際基準認証に向けた動向などを紹介しながら、医学教育全体に、伝統的なプロセス基盤型教育からアウトカム基盤型教育に移行する必要性に迫られていることが説明された。医師として求められる基本的な資質・能力が明確化される中で、実践力や表現力などを評価するツールとしてルーブリックの導入に着目し、医学科チュートリアル教育においてルーブリックを活用した成績評価を行っている複数科目の実践事例が紹介された。

11月10日FD・SD写真1(小).jpg  11月10日FD・SD写真2(小).jpg

 後半のワークショップ「ルーブリックの観点や記述を考える」では、俣野 秀典 高知大学地域協働学部講師のファシリテーションにより、まず、ルーブリックに関する詳細や作成上の注意点について説明があった。特に、ルーブリックについて、学生との共有が大切であり、次の学習の方向性を示す指針となることが説明されたほか、目標規準である「評価規準」と達成基準である「評価基準」の意味について解説があった。その後、幾つかの参考事例を紹介しながら、レポートを評価する際の観点やレベルごとの評価基準の記入を行うワークに取り組んだ。さらに、「ご自身の教授活動や職務の中でルーブリック評価をココに使って みよう」というテーマで、参加者同士が振り返りを兼ねながら意見交換を行った。クロージングでは、俣野先生から、ルーブリック作成・運用のコツ、ペア・モデレ―ションに関する補足説明があったほか、ルーブリックというツールが学生の学習の到達状況を測定するだけでなく、授業や大学の質保証を証明する重要な武器になるとのメッセージがあった。

 最後に、白澤 医学教育センター長より閉会の挨拶があり、アイスブレーク、ミニワーク、振り返りワークを通して、会場一体に、積極的かつ和やかな雰囲気の中で、シート記入、グループ対話が進み、充実したワークショップとなった。

11月10日FD・SD写真3(小).jpg  11月10日FD・SD写真4(小).jpg

 平成29年9月26日(火)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)『アクティブ・ラーニング(AL)ベストティーチャー表彰記念 FD・SDワークショップ~第1回ALベストティーチャーによる模擬授業~』が、学内外から合計52名(学内33名(教職員31名、学生2名)、学外19名(教職員19名))の参加者を集めて、本学吉田キャンパス共通教育棟15番教室(アクティブ・ラーニング教室)にて開催された。本ワークショップは山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)の一環として実施された。

 冒頭、菊政 勲 山口大学 大学教育機構 大学教育センター長より開会挨拶があり、本学では、アクティブ・ラーニング型授業の優れた取組を表彰する「アクティブ・ラーニング(AL)ベストティーチャー表彰制度」を創設し、平成28年度に最初の受賞者(5科目・10名)を表彰し、今回のワークショップでは、第1回ALベストティーチャー受賞者による模擬授業を体感し、改めて、「アクティブ・ラーニングとは何か」、「アクティブ・ラーニングを通した学生の学び・成長」について考えてみたいとの趣旨説明があった。

 まず、模擬授業Part1では、上田 真寿美 山口大学国際総合科学部教授より、「深い学びにつなげるアクティブ・ラーニング型授業『山口と世界』」と題して、アクティブ・ラーニング型授業『山口と世界』初回の模擬授業を行っていただいた。授業のオリエンテーション時における学生との関係づくりを大切にし、受講生全員の名前を読み上げて出席を確認した後、グループメンバー同士の自己紹介やチームづくりのポイントを説明された。このほか、授業の到達目標に関連して『山口と世界』コモンルーブリックの観点の説明や、グループごとの活動記録に対するフィードバック、さらには、中間発表や最終発表の評価のあり方などについて紹介があった。受講生役の参加者は、実際の授業での配布資料や成果物サンプルを手にしながら、意見交換を行った。

 次に、模擬授業Part2では、尊田 望 山口大学非常勤講師より、「「英語が嫌い」から「英語が楽しい」に変えるアクティブ・ラーニング」と題して、アクティブ・ラーニング型授業『English Speaking』導入部分の模擬授業を行っていただいた。冒頭、授業設計の背景の説明があり、学習目標を設定して学ばせることに主眼を置いたシラバスと学習者が自らの学び方に沿って知識やスキルを習得していくことに主眼を置いたシラバスの2種類があることについて解説があった。その後、自己紹介演習、語彙ゲーム、Q&A演習、コミュニケーションゲームと、タイマーによる制限時間内のワークを小刻みに行いながら、教材を通して知っている単語を増やしながら、実際に英語を使って分かるようになる楽しさを実感させる授業を参加者一同が体感し、教室全体が活気ある雰囲気に包まれていった。最後に、教員は教え込むのではなく、学生の学修意欲を引き出すことに集中し、学生に気づきを与えるアクティブ・ラーニング型授業設計のポイントを力説された。

9月26日FD・SD写真1(小).jpg  9月26日FD・SD写真2(小).jpg

 後半の質疑応答・対話のセッションでは、林 透 山口大学 大学教育機構 大学教育センター准教授のファシリテーションにより、参加者に事前配布したダイアローグシートに模擬授業を受講して感じた気づきや疑問点を記入していただいた後、グループごとに、短時間の意見交換を行った。その後、全体の質疑応答に展開し、大人数授業での学生からの意見の引き出し方、グループワークやプレゼンテーションの評価方法、探究型授業におけるテーマ設定や学生によるテーマ検討の指導方法、さらには、英語表現を楽しく学びながら定着に結び付ける指導方法や到達度の目安など、授業実践における具体的かつ詳細な意見交換があった。また、若手教員からはグループワークにおいてうまく行った事例を知りたいという声や高校教員からはルーブリックによる学習評価の適切性に関する意見など、実践に役立てたい、実践での課題解消に結び付けたいという参加者からの真剣な思いが伝わってくるセッションとなった。

9月26日FD・SD写真3(小).jpg  9月26日FD・SD写真4(小).jpg

平成28年10月31日(月)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)FD・SDワークショップ『アクティブ・ラーニング授業開発ワークショップPart2 -サービスラーニングの授業設計と学修評価のポイントを学ぶ-』が、学内外から合計37名(学内21名(教職員19名、学生2名)、学外16名(教職員16名))の参加者を集めて、本学吉田キャンパス総合図書館アカデミックフォレストにて開催されました。なお、本ワークショップは山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)の一環として実施されています。

冒頭、福田 隆眞 山口大学理事・副学長(教育学生担当)より開会挨拶と趣旨説明がありました。サービスラーニングは大学や地域を取り巻く状況によってその内容が大きく異なることが予想されるため、本ワークショップの講演者2名の事例報告への期待感が述べられました。

第一部では2名の講演者より事例報告が行われました。まず山形大学 教育開発連携支援センター 橋爪 孝夫 講師より、「初年次教育におけるサービスラーニング~エリアキャンパスもがみ橋爪講師2.jpg10年の軌跡~」と題し

た報告がなされました。山形大学におけるサービスラーニングの定義と、山形大学と地域を取り巻く状況に関して詳細な説明がありました。それを踏まえて、山形大学と山形県北東部最上地域との連携のため設立された「エリアキャンパスもがみ」と、その中心的活動である山形大学基盤教育の正規科目「フィールドワーク 共生の森もがみ」の紹介がありました。当科目は、地域の「達人講師」の指導のもと、最上広域圏でのフィールドワークを通して山形や日本が直面する諸問題を考える内容となっています。その授業方法・評価の工夫や、地域連携実質化の工夫、学生の学びと成長、課題点などが詳しく説明されたため、多くの参加者にとって、自身の実践を相対化する好契機となりました。

次に、山口県立大学国際文化学部 安渓遊地教授より、「地域との信頼関係の上で学生は羽ばたき飛び立つ~阿武21年、徳地12年、富海5年の経験から~」と題した報告がなされました。山口県立大学における「地域が教科書・地元が先生」と捉えた地域共生授業の 紹介がありました。特に、受け入れ先の地域や地域住民との信頼関係や彼らの反応に関する情報が多く提示されました。そのため、参加者の多くは地域と連携するということが、学生ひいては大学にとってどのような意味を持つのかを考える機会となったようであり 、その後のグループワークでもそれらに関して白熱した議論が展開されました。安渓教授2.jpg

第二部のグループワークセッションでは、「サービスラーニングの授業設計と学修評価のポイントを学ぶ~フィールド学習の持続性と信頼性を得るためには~」と題してグループワークを行いました。参加者それぞれが抱いた講演者2名に対する授業設計や学修評価に関する疑問点や質問点をグループワークで整理し、それを両名から回答してもらうという形式をとりました。特に評価基準やその客観性、地域住民に評価されることの意義など、評価に関する質疑が多くみられました。整理した疑問点をその場で講演者から回答が得られるということもあり、参加者一同、満足度の高いグループワークとなりました。

橋爪・安渓1.jpg      集合写真1.jpg

 平成28年7月8日(金)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)FD・SDワークショップ『アクティブ・ラーニング授業開発ワークショップPart1 ―PBL授業設計のツボを学ぶ―』が、学内外から合計54名(学内24名(教職員23名、学生1名)、学外30名(教職員28名、学生2名))の参加者を集めて、本学吉田キャンパス総合図書館アカデミックフォレストにて開催された。本ワークショップは山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)の一環として実施された。

 冒頭、福田 隆眞 山口大学理事・副学長(教育学生担当)より開会挨拶と趣旨説明があり、アクティブ・ラーニングの全学的取組の中で、PBL(Project-Based Learning)のニーズが高まっており、本ワークショップで得た成果を大いに活用して、さらなるアクティブ・ラーニングの推進と学生の多様な学びに資することへの期待感が述べられた。

 第一部では事例報告が行われた。まずは、山口大学大学教育機構学生支援センター 辻多聞 講師より、「PBL学習としての『おもしろプロジェクト』」と題して報告があり、正課外教育として20年の実績を積んでいる、『おもしろプロジェクト』の実践について紹介があった。学生発案型のPBL学習を通した教育効果と当該学生のモチベーション維持などについて言及があった。FDSD_PC1-2.jpg

 次に、同志社大学PBL推進支援センター長 山田和人 教授より、「同志社大学におけるPBL授業設計と学修評価」と題して、事例報告があった。同志社大学での取組は、当初、正課外教育として実施されていたが、文科省・現代GP事業の採択を得て、プロジェクト科目へと発展していった。プロジェクトテーマを企業・団体・個人から募集し、面接審査を経て採択されたテーマについては、当該申請者が科目担当者(嘱託講師として委嘱)として、科目代表者である本学専任教員と連携しながら、授業実践する。プロジェクト科目は、厳格な審査を経ることで、科目自体の質の確保を得ている。プロジェクト科目は教養科目として位置付けられ、学部や学年が異なる学生が一緒に学ぶ形態をとり、初対面の学生同士がチームワークを取りながら、成果物作成に取り組む。学修評価において、学生の自己評価・他者評価等を取り入れながら複数の評価指標を活かしている。同志社大学のプロジェクト科目の取組は、文科省のGP事業に三度採択されるなど、学内外での認知度を得て、継続的な実績を挙げている。プロジェクト科目運営費として1科目当たり30万円が支給されるなど、環境整備が充実している点が印象的である。

 第二部のグループワークセッションでは、同志社大学 山田 和人教授のファシリテーションにより、「PBL(Project-Based Learning)授業設計のツボを学ぶ -アイデア出しのメソッドを体感する-」と題してグループワークを行った。マンダラートシートを使用し、参加者個々人が各校改造計画をテーマにアイデアを発案し、当該アイデアについて2人単位⇒4人単位⇒8人単位でプレゼン合戦を行い、最後に、2名の最終勝者が全体発表を行った。参加者一同、アイデア出しのメソッドを体感し、満足度の高いグループワークとなった。

FDSD_PC2.jpgFDSD_PC3.jpg