平成2975日(水)・6日(木)の2日間にわたって、第5回・第6回スチューデント・リーダープログラム(SLP)【ラーニングスキル開発】『ライティング入門講座 ~レポートの書き方の基本的な作法とコツをつかめ!~』を開催し、学生・教職員 計70名が参加しました。初日の75日(水)には、「放課後編」と称して夕方の時間帯に開催し、翌6日(木)には、「ランチョン編」と称して昼休みの時間帯を利用して開催され、両日とも同じ内容で講習が行われました。今回のプログラムは、平成28年度に実施した「初年次学生の学習意識調査」の結果を踏まえ、学生から要望が強かったライティングスキル養成に関する講座を新たに企画し、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)が進める正課外教育プログラムの一環として開催されました。

 当日は、冒頭、山口大学 大学教育機構 大学教育センター 林 透 准教授より、今回の講座の目的として、実例を示しながら、レポートの書き方には、ルールとして覚えておくべき「作法」と書く経験を積み重ねることで体得する「コツ」の二種類があることを趣旨説明しました。その後、今回の講師である金沢大学附属図書館 守本 瞬 中央図書館係長より、レポートの意味・型、さらにはレポート作成の手順など、知っておくべき重要な項目について、丁寧に分かりやすく説明がありました。また、レポートのふさわしい文体、引用や参考文献の記載の作法などについて説明があり、最後には、提出期限を意識しながら、推敲と校正をしっかりと行うよう指導がありました。 

 「初年次学生の学習意識調査」の結果を反映したように、この2日間において、1年生を中心に大勢の学生が参加し、真剣に聴講・質問する姿が印象的でした。学生の参加動機として、「レポートがうまく書けず困っていたから。」「レポートを大学に入って書き始めたので、不安があったから。」という声が聴かれ、これらの学生のニーズに応え、参加学生から満足度の高い講座となりました。今後、来年度以降も継続的に実施していく予定です。

SLP_pic1-1.jpg      SLP_pic2-1.jpg

 平成29516日(火)、吉田キャンパス共通教育棟15番教室(アクティブ・ラーニング教室)において、第2回スチューデント・リーダープログラム(SLP)【キャリア開発】「ぶち教えちゃる!大学職員の仕事―大学職員の先輩に聞いてみよう―」を開催し、学生・教職員43名が参加しました。

 大学は、学生、教員および職員の皆で構成されていますが、大学運営における大学職員の役割が高まってきていることから、仕事上のチャンスも広がっていると考えられています。そのことから、大学生の人気職種の一つに数えられるほどになっており、このプログラムは、大学職員の仕事の魅力について、本学出身の職員が話題を提供するとともに、大学で働くことについて学生と語り合う場として開催されました。

pic1(小).jpg     pic2(小).jpg     

 第一部の話題提供では、学生支援部学生支援課留学生交流係 金子晃さん(農学部卒)は、学生時代の研究室での留学生との交流や採用試験に向けた勉強方法に加えて、大学職員採用後の経験部署における業務内容等を紹介しながら、様々な価値観を持つ人と様々な仕事が経験できる職場であるという説明がありました。続いて、理学部学務係の前坂祥子さん(人文学部卒)は、大学職員を志望した動機や経済的に自立した女性になりたいという自身の思いを語るとともに、大学職員採用後の図書館での勤務を通して自分のアイデアが実現できるやりがいを紹介しました。2人とも、大学職員という職種において、多種多様な経験ができるとともに、ワークライフバランスを確保しやすい職場環境であるという魅力を学生へ向けて語りました。

 第二部のダイアローグセッションでは、3つのグループに分かれ、参加学生が先輩職員を囲みながら、大学の職場環境、採用試験のことなどを質問し、大学職員の仕事について更なる理解を深めました。

 学生からは、「大学職員という仕事の魅力を知ることができた」「業務内容をもう少し詳しく聞きたい」との感想が寄せられ、大学職員という仕事について、真剣に考える良い機会になりました。

pic3(小).jpg     pic4(小).jpg

 平成29年3月14日(火)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU‐AP)国際シンポジウム2017"Creating the Future of Faculty Development Across the Border"が合計60名(学内43名、学外17名)の参加者を集め、YIC Studio 2階講堂にて開催されました。
 冒頭、福田 隆眞 山口大学理事・副学長(教育学生担当)より開会挨拶があり、基調講演1では、河本 達毅 文部科学省高等教育局大学振興課 大学改革推進室 改革支援第二係長より、「高大接続改革と大学教育再生加速プログラム」というタイトルで、高大接続改革と大学教育再生加速プログラムの背景と目的、現状の課題等が説明されました。続く基調講演2では、沖 裕貴 立命館大学 教育開発推進機構教授より、「FDの過去、現在、未来 ~私たちは何をしてきて、どこに向かっているのか?~」というタイトルで、日本の高等教育の文脈におけるFD(Faculty Development)の位置づけ、定義、課題、将来の展望が論じられ諸外国との比較が簡潔に述べられました。
 次に、林 透 山口大学 大学教育機構 大学教育センター准教授より「山口大学AP 事業が目指す『学びの好循環』と教授学習観の深化」、大関 智史 宮崎国際大学 AP アセスメント・オフィサー(助教)より「宮崎国際大学のグローバル教育とAP 事業への取組」というタイトルで、それぞれ山口大学と宮崎国際大学のAPの成果報告が述べられました。
 特別講演ではメアリー・ディーン・ソルチネッリ (Senior Fellow, Institute for Teaching Excellence & Faculty Development, UMASS) より、"Creating the Future of Faculty Development Across the Border" というタイトルで、FDの定義の再確認や歴史、米国・カナダにおけるFD担当者向けの大規模調査の結果などが報告されるとともに、FDをエビデンスベースで進める必要性が強調されました。

     
 そしてグローバル・ワークショップとして、「10 年後のFD の姿を展望する~日米FD 比較調査を通したダイアローグ~」というタイトルで、まずアンドレア・L・ビーチ (Professor of Higher Education Leadership, Western Michigan University) と山崎 慎一 桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群助教により日米の比較調査の結果報告が述べられました。その後、これまでの発表内容を踏まえた上で、参加者が4人1組のグループを構成し、「日米のFDの違いに関する気づき、疑問」と「これからの日本のFDの行方」を議論するというワークショップが行われました。参加者からは、米国と比較して日本はFDのweb活用やマイノリティへの配慮が進んでいないことが印象的であったということや、またエビデンスベースを強調するあまり、定量化出来ない事に関する議論がおざなりになってしまう危険性などが語られました。

     

 平成2938日(水)に、山口大学・大学教育再生加速プログラム(YUAP)&IR室合同企画 SDIRワークショップ「エビデンスベースの大学経営を目指して-山口大の現状と課題を見つめながら-」が、学内の職員を対象とし合計36名(職員33名、教員3名)の参加者を集め、本学吉田キャンパス事務局2号館4階第2会議室にて開催されました。

 冒頭、朝日 孝尚 大学教育機構 大学教育センター長より開会挨拶があり、その後趣旨説明として、林 大学教育機構 大学教育センター准教授・IR室長より、IRの機能と、IR室の2年間の活動と、その成果としてYU FACTBOOK2016(山口大学 経営基礎資料集)の紹介がされました。それらを通して、基礎データを集約・分析・提示したうえで対話をすることや、意思決定者の判断又は指示を促すデータ提示・説明の重要性が述べられました。

 第一部の話題提供では、「企業経験からみた大学」と題して土谷 和義 監事より、企業経験者の立場から、測定可能な指標の蓄積の重要性や、ただデータを提示するのではなく、目的を持ってデータ収集・分析を行い、PDCAサイクルを回すために必要な知見を得ることの重要性が述べられました。